外壁塗装の費用について|料金を抑えるヒント

作業員

塗装業者の見分け方

外壁塗装は業者によって費用や仕上がりが異なります。外壁塗装には費用相場がありますから高すぎたり安すぎたりするところは避けるようにします。仕上がりについては塗装技能士の資格を目安にするのも1つの方法です。また、施工後に保証書を発行する大阪の業者を選ぶようにすると良いでしょう。

一軒家

地元で愛される会社

大阪府高槻市に拠点を置く塗装業者がさくらペイントです。国家資格を有した職人の施工は高品質、さらに適正価格にもこだわりを持っているので安心して依頼できます。またアフターケアが徹底されているところも好印象です。

家を守る外壁の塗装工事

作業する人

塗料で違う耐久性と費用

家を建てたら定期的なメンテナンスが必要ですが、特に重要なのが外壁塗装です。外壁は太陽光や雨や風から家を守る役割を果たしているので、塗装が劣化する前にメンテナンスをします。一般的には10年をメドに外壁塗装をすると良いと言われています。自然環境が厳しい場所ではもっと短いスパンで外壁塗装をします。外壁塗装は使う塗料によって耐久年数や費用が違ってきます。こまめに塗り替える場合や安くすませたい時にはアクリル系塗料が適しています。耐久年数は4年ぐらいで、一般的な一軒家では60万円から70万円ぐらいです。最も耐久性が良いのは光触媒塗料を使った外壁塗装です。約20年の耐久能力があります。費用も100万円を越えますが、環境に配慮した外壁塗装になります。汚れがつきにくく1度のメンテナンスで長期間塗装効果を保つことができます。ただし認定施工店でしか工事ができないのです。主流になっている外壁塗装はシリコン系の塗料を使います。価格と耐久性のバランスがとれているので、多くの家庭で採用されている方法です。耐久性は約13年で、費用も70万円から80万円ぐらいです。費用対効果が高いので人気のある外壁塗装といえます。塗料の選び方も重要ですが、施工する業者の選び方によって耐久性も変わってきます。塗り直しをする前に下地の傷やヒビ割れを補修してくれる業者を選ぶのがポイントです。そのためには事前に見積もり書をだしてもらって、作業内容を確認することです。

ハケ

外壁の塗装は専門業者へ

外壁塗装には専門的な技術と知識が必要となりますので、自分で行わず、専門の業者に依頼をするのが安心です。埼玉の外壁塗装業者なら、耐久性の高い塗料を使用していますから、美しい仕上りを長持ちさせることができます。